サンキューワンニャン

048-661-3912

お気軽にお問い合わせください。

土日祝も診察中

ブログ

医療機器導入しました

こんにちは。

突然ですが、当院では開業以来ひそかに医療機器を増やしています。

筆不精な性格で全然公開しておりませんでしたが今日はいくつかご紹介いたします。

 

◯まずは開業以来、最新かつ最大の買い物「生体情報モニターAM140」

まさに発売直後に購入しました。(余談ですが営業の方曰く、大学病院などを除き当院が全国発注第1号だそうです。)以前、使用していたものよりモニター項目が増えました。チェック項目が増え麻酔管理がより大変になりますが、麻酔をより安全に行うことが可能になります。

 

◯次は「サジタルソー」

一見何に使うのかわからないと思いますが、電動ノコギリのようなもので手術で骨を切る際に使用します。以前は「骨のみ」と「骨つち」(大工さんが使うのと同じ形)を使って人力で切っていましたが、手術時間が長くなったり、骨切りラインが不正確だったりと問題がありました。今回の導入で今までと比べ手術時間の短縮や、正確な骨切りが可能となり術後のより良い結果につながるものと期待しております。(先日これを使って手術したワンちゃんは順調に回復しております。)

 

◯続いて「眼圧計」

目の中の圧力を測る器械です。主に緑内障の診断に使います。開業以来ずーっと欲しかった器械ですが出番が少ない割に高額(うん十万円します)なのでなかなか手が出ませんでしたが、今回やっと最新機種ではないにせよ入手することが出来ました。当院で対応出来る病気の幅が広がりました。

 

◯最後に「クリオアルファスプレータイプ、コンタクトタイプ」

体表面のイボなどを凍結、脱落させる「凍結療法」に使用します。スプレータイプは冷却ガスを吹き付けるタイプ、コンタクトタイプは先端の金属を冷却し患部に押し当てるタイプです。コンタクトタイプは目の周囲などガスが飛び散ると危険な箇所の処置に使用します。両タイプともに全身麻酔の必要がなく、気になるイボがあるけど年齢や持病によって麻酔をかけられないといった場合でも安全に対処できます。

◯その他、血液生化学検査の機器も実は1年前に買い換えました。

 

こんな感じに当院も意外とちょこちょことレベルアップしております。医療機器は高額のためバンバン買い集めるといったことは難しいですが、今後も設備を充実させ対応出来る範囲を広げていきますので宜しくお願い致します。

 

ゴールデンウィーク中の診療について

当院はゴールデンウィーク中も定休の月曜を除き診療いたします。

ただし期間中は祝日対応となり午後は14〜17時の短縮(午前は通常通り9〜12時)となりますのでご注意下さい。

なお、期間中は多くの製造メーカーや卸業者はお休みとなりますので、薬、フードおよびサプリメントなどの納品がストップしてしまいます。期間中の在庫は多めに確保しておきますが、不意に在庫切れになる可能性もございます。ゴールデンウィーク期間中のご家庭でのストック切れにご注意頂き、ご入用の際はお早めにお申し付け下さいますようお願い致します。

食欲増進剤エンタイス

こんにちは。

前回同様、以前の記事のコピーです。

今回は犬用の食欲増進剤「エンタイス」のご紹介です。

エンタイス.jpeg

今まで食欲増進剤と称して使用していたお薬は、ステロイドや抗ヒスタミン剤、鎮静剤など本来は別の目的で使う薬がもつ副作用(食欲増進)を逆手に取ったものでした。しかし、そもそもその薬の主作用ではないために食欲増進作用が不安定であったり、鎮静など食欲増進作用以外の作用が出てしまったりと、決して使い勝手の良いものではありませんでした。

そんな中で登場してきたのが「エンタイス」です。

副作用ではなく主作用として犬の食欲増進作用を示すものとしてFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けた世界初の薬です!作用を簡単に説明しますと食欲増進ホルモンの類似物質が食欲を刺激するといったものです。

文献上は安全性・効果共に高いとされており、当院では2症例で使用し今の所まずまずの感触を得ております。

ご興味のあるかたはご相談ください。

いぶき動物病院大宮

子宮蓄膿症の内科治療(アリジン)

こんにちは。

HP会社を変更しブログが内部ブログに変更になりました。 今回は以前のブログに載せていた記事のコピーになりますので、以前お読みになった方にとっては同じ内容になります。

今回は子宮蓄膿症の治療薬「アリジン(成分名:アグレプリストン)」についてです。

 

アリジン.JPG

 

このアリジンというお薬は数年前からすでに使用されておりますが、未だ日本では未発売のため個人輸入の形で海外から取り寄せることになります。そのため発注から手元に薬が届くまで最低でも2−3週間かかり、緊急疾患である子宮蓄膿症ですと来院してからの発注では到底間に合いません。高価なお薬ではありますが、いざという時の為に当院でも常備することにしましたので今回ご紹介します。

子宮蓄膿症とは避妊手術をしていない女の子にみられる子宮の中に膿が溜まる病気です。時に子宮が破裂し膿がお腹の中に漏れ腹膜炎を起こしたり、DICと言われる重篤な状態に陥って命に関わることもあります。

治療は中に溜まった膿ごと子宮卵巣を手術で摘出するのが一般的かつ推奨されます。 しかし持病や年齢から麻酔・手術リスクが高いと判断されるとセオリー通りに手術に進めないことがあります。そういった場合に薬による内科療法を行うことになります。

プロスタグランジン製剤を使った内科療法は以前から行われておりましたが、副作用が強く嘔吐や下痢で動物が苦しむ、心臓が悪いと使えない、子宮蓄膿症のタイプが閉鎖型だと使えないなど様々な問題がありました。それに対してアリジンは副作用がなく閉鎖型でも使え、尚且つ高い改善率(80%程度)が見込めます。

避妊手術をしていない高齢もしくは持病持ちのわんちゃんを飼われているお家の方は、万が一の時の為にこういったお薬があるという記憶を頭の隅にでも留めておいて頂けますと幸いです。

いぶき動物病院大宮

デンタルケアコーナー設置

こんにちは。
毎年寒くなると、最近めっきり見掛けなくなったミノムシは今どこで何をしているのだろうと考える院長の四宮です。
この季節の犬猫は気温の低下による咳や神経関節痛の悪化にご注意下さい。

さて本題ですが、この度受付カウンターにデンタルケアコーナーを設置しました。

 

デンタルケアと言ってすぐに思いつくのは歯ブラシだと思いますが、
今は様々なデンタルケア用品が販売されております。
特に錠剤型サプリメント(口腔内善玉菌)や飲水添加型サプリメント(普段の飲水に混ぜるだけ)などは、
今まで歯ブラシをやらせてくれないとデンタルケアを諦めていた方でも始め易い商品だと思います。
また、すでに歯ブラシをやっているという方も歯磨きペーストを使ったり、他の方法を併用するなどでさらに効果アップが期待できます。ご来院の際には実際手にとってご確認下さい。

デンタルコーナーにはご自身で歯垢を確認していただけるように、
歯に当てると歯垢がピンクに光る波長のライトを設置しております。
ご自由にお試し下さい。

いぶき動物病院大宮